心が豊かになる!仏教の教えとその意味を解説します!

難しくはないから理解できる

>

優しい気持ちで人に接する

幸せになる方法を学ぼう

人に優しくすることで、幸せになれると言われています。
それは優しくした分だけ、自分に返ってくるからです。
仏教の教えを、守ってください。
悩んでいる人がいたらそっと寄り添ってあげてください。
知り合いでも、知り合いでなくても関係ありません。
知り合いでない人を助けるとは、少し勇気がいるかもしれません。
ですが街中を見渡せば、困っている人はたくさんいます。

手助けをすることで、相手は喜んでくれるでしょう。
すると自分も嬉しくなります。
困っている人を見ても、これまでは素通りしていた人が多いと思います。
自分には関係ないと思っていた人もいるのではないでしょうか。
そんな風にとらえないでください。
感謝されることで、自分も幸せになれるはずです。

悪い行いも返ってしまう

自分に返るのは、いい行いだけではありません。
悪い行いも返ってきます。
相手の嫌がることや困ることをすれば、自分にいつの日か返ってくるというのが仏教の教えです。
悪いことばかりしていると、次第に不幸になっていくでしょう。
気づかずに、相手の嫌だと感じる行為をしてしまっているかもしれません。
その時は気づかなかったといっても、言い訳になりません。

相手が何をすれば喜んで、何をすれば嫌だと感じるのか考えて行動しましょう。
感考える習慣を身に付ければ、きっと相手の嫌がることをしなくなります。
相手が喜ぶことだけをしてください。
嫌がることをしている人がいれば、やめるよう注意しましょう。
それも人を助けることに繋がり、いい行いです。


TOPへ戻る