心が豊かになる!仏教の教えとその意味を解説します!

難しくはないから理解できる

>

周囲の人間に感謝しよう

当たり前だと思わない

自分を育ててくれた親、支えてくれた友人など、たくさんの人が周囲にいると思います。
その人たちに、きちんと感謝してください。
仏教では、感謝して良きることを教えています。
常に感謝の心を持ってください。
支えられるのが当たり前だと思っていると、感謝の心を忘れてしまいます。
声に出すことで、忘れずに感謝の心を持てると思います。

恥ずかしいかもしれませんが、素直が心で相手に感謝してください。
毎日感謝の言葉を伝えていれば、いつしかそれが普通になります。
ささいなことでも、周囲の人に助けてもらったら感謝の心を伝えてください。
お礼を言われた方が、相手だって喜ぶはずです。
直接言うのがどうしても恥ずかしくてできない場合は、紙に書いてもいいでしょう。

感謝の輪を広げよう

積極的に感謝の言葉を伝えていれば、周囲の人も自分に感謝してくれます。
すると嬉しくなりますし、明るくなるでしょう。
感謝の輪を広げることを意識してください。
助けられても、何も言わない世の中は嫌ですよね。
残念ですが助けられるのが当たり前だと思っている人が多いので、次第に冷たい世の中になってしまいます。

自分から進んで伝えていれば、周囲もそのような意識を持ちます。
仏教の教えをしっかり理解して、感謝の気持ちを伝えましょう。
母の日や父の日、敬老の日など感謝する日があります。
普段言えない人は、その時に伝えてもいいですね。
自分の気持ちを素直に伝えることで、相手がわかってくれます。
誰だって心の中を読めないので、言わなきゃわかってもらえません。


TOPへ戻る