心が豊かになる!仏教の教えとその意味を解説します!

難しくはないから理解できる

>

たくさんの教えを学ぼう

いつかまた会えると信じよう

仏教では、輪廻転生が信じられています。
これは亡くなったあとも、生まれ変わって別の存在に生まれ変わるという意味です。
家族や友人など大事な人が亡くなっても、輪廻転生して生まれ変わると思ってください。
すると少し気持ちが楽になると思います。
ずっと悲しみを抱えていると、心に負担を与えてしまいます。

精神的なストレスが大きくなって、病気を発症してしまうかもしれません。
仏教の教えをよく理解することで、心が落ち着きます。
早く故人がこの世に生まれ変われるように、見送ってあげましょう。
仏教では、自分に近い存在に生まれ変わると言われています。
ですから再び、絶対に出会えます。
そう信じて生きていれば、活力が湧くでしょう。

故人を心配させないこと

仏教では、故人を心配させてはいけないと教えています。
ずっと心配させていると、あの世へいけません。
この世をさまよい続けてしまいます。
無事に送り出すためには、笑顔を見せてください。
笑顔で送り出すことで、故人は安心してあの世へ行けます。
また、天国へ行けるように笑顔で見送ることが大切です。

不安な表情をしていれば、故人が天国へ辿り着けません。
こちらが笑顔を見せて、何も心配はいらないと伝えれば個人は天国へ向かえるはずです。
悲しい気持ちをこらえて、笑うことを忘れないでください。
しかし悲しむことがいけないことだとは言っていないので、勘違いしないでください。
大事な人が亡くなったら悲しいのは当たり前です。
一通り悲しんだら、気持ちを切り替えましょう。


TOPへ戻る