心が豊かになる!仏教の教えとその意味を解説します!

難しくはないから理解できる

たくさんの教えを学ぼう

大切な人が亡くなっても、ずっと悲しみを引きずらないでください。 故人を成仏させるためには、笑顔で見送ることが重要です。 悲しくても、いずれ生まれ変わってまた会えると考えてください。 仏教では、そのように教えています、 再び会えると思えば、気持ちが落ち着くでしょう。

輪廻転生して戻ってくる

人間は亡くなっても、生まれ変わるというのが仏教の教えです。
ですから悲しくても、笑って故人を送り出してください。
ずっと悲しんでいると、故人が心配になってしまいます。
葬儀をしても、故人が安らかに眠ることができません。
笑顔で送り出すことで、故人は安心してあの世へ旅立つことができます。
また、早く転生してくれるでしょう。
再び巡り会えると信じて、笑顔で葬儀を終えてください。
今は悲しくても、いつか会えると思えば気持ちが楽になります。

感謝の気持ちを忘れないことも、仏教では教えています。
人間は誰でも、1人で生きていくことはできません。
必ず誰かに支えられて生きています。
それを当たり前だと思わないでください。
感謝の心を持つことで、周囲の人と友好な関係を築くことができます。
また感謝の気持ちを忘れると、迷惑を与えることもあります。
常に周囲に感謝していれば、そのような事態を回避できるでしょう。

他の人に、優しくすることも意識してください。
良いことも悪いことも、自分に返ってくると仏教では言われています。
いじわるをすれば、自分にとって悪いことが起こるのでしないでください。
逆にいいことをすれば、同じようにいいことが返ります。
積極的にいい行いをすることで、自分があの世へ行った後、人間に生まれ変わることができます。
悪いことしかしていない人間は、生まれ変わったとしても虫や家畜などの動物に生まれ変わります。
正しい行いを意識してください。

周囲の人間に感謝しよう

みなさんは、感謝して生きていますか。 誰かから施されることを、当たり前だと感じてはいないでしょうか。 仏教は、それではいけないと教えています。 きちんと人に感謝して生きてください。 これまでを振り返って、感謝できていないと思ったら心を改めましょう。

優しい気持ちで人に接する

人とコミュニケーションを取る際は、優しい気持ちを忘れないでください。 いいことをすれば、自分に返ってきます。 誰でも幸せな人生を送りたいですよね。 それなら、積極的にいい行いをしてください。 悪い行いばかりでは、不幸な出来事がたくさん訪れてしまいます。

TOPへ戻る